箱舟

2003年8月1日〜3日@銀座小劇場

『因果応報』をテーマに描いた悲劇でした。「原因と結果との間には一定の関係がある」と唱える牧師と、その孤児院で育てられた男に襲い掛かる災いの物語。旗揚げからこの作品まで、一貫してバッドエンディングを貫いていましたね。

 

作・演出

西永貴文

著名人からのコメント

絵にしても、音楽にしても、良いとか面白いとか、

いくら人に言われても自分の好みじゃなかったら、

そんなもん自分にとっては何でもないですわ。

私は好き。猫☆魂。みなさんはいかがかしら。

−長田奈麻(ナイロン100℃)−

ストーリー

舞台は孤島。両手が不自由な牧師が営む孤児院がある。

そこで育てられた孤児達が待ち受ける『20歳の儀式』とは……。同性愛、幼児虐待、大麻栽培、拉致問題……。

特別な夜に起こる幾つもの衝撃的な展開を、『因果応報』をもとに「残酷さ」と「滑稽さ」で描いた作品。

キャスト&スタッフ

CAST

菊地柳信

佐々木光弘

ヴィンボー神

西永貴文

井澤崇行

堺沢隆史

高梨啓之

仲井 陽(ケシュ ハモニウム)

福田英和(Irregular Format)

丸川雅也

村木宏太郎

山岸正知(ケシュ ハモニウム)

田行正龍

 

唄ひ手

松本恵理(Spanish Gauguin)

岡崎保憲(Spanish Gauguin)

 

STAFF

作・演出:西永貴文

舞台監督・美術:松本謙一郎×突貫屋

照明:岡野文寛(LePus)

音響:一ノ瀬卓

振付:井口千穂(Irregular Format)

衣裳・小道具:坂倉香子/岡本朋子/神原真紗美/鈴木直子

映像・編集:西永貴文

イラスト:渡辺宣行

CG:SATOSHI(人力発電)

スライド作成:仲井 陽(ケシュ ハモニウム)

宣伝美術:queen bee/西永貴文

WEB作成:queen bee

プロデュース:丸川雅也

制作:渡辺 大×TWIN-BEAT/島内真弓

企画制作:TWIN-BEAT