神の領域

2005年9月1日〜5日@下北沢駅前劇場

常に我々を監視し、支配しているのが神ならば、 人間が踏み込んではいけない領域というのがあると想像し描いた物語。 機械人という名のロボットや過去の改ざん、 カニバリズムなど今まで以上にディープでバッドなSF劇になりました。 神様に挑戦状を叩きつけたものの、結論なんてうちら人間にはわかりっこないのでありました。

 

 

作・演出

西永貴文

ストーリー

雨が降らず、地上で生活ができない世界。
諸悪の根源を探るため『機械人』と呼ばれるロボットが、遠い過去へタイムスリップをする。
たどり着いた世界には女王が君臨し、『人間』と『食料用の人間』、二つの人種がともに暮らしていた……。
過去を変えた機械人が戻ってきた世界は、神の手によって想像を超えた現実に塗り替えられていた……。

フォトギャラリー

キャスト&スタッフ

CAST

小村裕次郎

長田奈麻(ナイロン100℃)

佐々木光弘

貧乏神

井澤崇行

堺沢隆史

村木宏太郎

秋枝直樹

西永貴文

秋澤弥里

中西広和

芳賀 晶(カノン工務店)

 

唄ひ手

松本恵理(Spanish Gauguin)

岡崎保憲(Spanish Gauguin)

石倉久幸(TMB3)

 

STAFF

作・演出:西永貴文

舞台監督:甲賀 亮

照明:奥田賢太(オフィスダミアン)

音響:石井ゆうた(SoundCube)

美術:松本謙一郎×突貫屋

演出助手:桑原豊広

小道具:子供組

衣裳:坂倉香子/森 洋美

映像:ZAKULO entertainment

写真:村岡亜貴子

宣伝美術:Transforming Underground/西永貴文

WEB作成:queen bee

記録:アロマ

プロデュース:丸川雅也

制作助手:安元千恵/島内真弓/大野由貴

企画制作:TWIN-BEAT